八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3高校で445人が入学 期待を胸に校門くぐる

八重山農林高校の入学式で緊張した表情を見せる新入生ら=8日午後、同校体育館

八重山農林高校の入学式で緊張した表情を見せる新入生ら=8日午後、同校体育館

小中学校は9日ピーク

 郡内3高校は8日午後、入学式を行い、八重山高校230人、八重山商工全日制111人、同定時制15人、八重山農林高校89人の合わせて445人が入学し、期待を胸に高校生活が始まった。八重山特別支援学校の高等部は9日に式を行い、5人が入学する。小中学校は9日がピークで、3市町で合計33校が入学式を行う。

 八重農(山城聡校長、生徒254人)の入学式では、同校ライフスキル科3年生が、育てた紅白のベゴニアで会場となる体育館の舞台前を飾り、生徒会は緑のボードに手形を連ねて「開花」の字を表現した作品を舞台につるし、歓迎の意を表した。

 式では、山城校長があいさつし、求める生徒像として▽時間を守り、礼を正し、場を清める人▽未来を描き実現に向けて努力する資質と能力を持つ人▽伝統ある校風と校訓を継承し自然と郷土を愛する人|を挙げ「きょうの初心と緊張感を忘れず、有意義な学校生活を送って」と激励した。

 新入生を代表しフードプロデュース科の伊礼郁さんが「3年間で多くの知識と技術を身に付け、自分の夢に近づき、伝統をつないでいけるよう努力したい」と抱負。

 野原佳太生徒会長があいさつ、與那城博PTA会長が祝辞を述べた。

 式後は生徒会主催の激励会があり、同校郷土芸能部が校歌ダンスや郷土芸能「マミドーマ」を披露した。

  • タグ: 高校入学式八重山高校八重山商工高校八重山農林高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム