八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新寄宿舎「みずほ寮」落成 八重山農林高校

八重農の新寄宿舎「みずほ寮」の落成式を前に、テープカットを行う関係者たち=7日午後

八重農の新寄宿舎「みずほ寮」の落成式を前に、テープカットを行う関係者たち=7日午後

8室16人、夢語る場に

 八重山農林高校(山城聡校長)の新寄宿舎「みずほ寮」の落成式が7日午後、同校内であり、入寮者や設計監理・施工会社の関係者らが待望の完成を祝った。

 1984年2月に建設された旧寄宿舎は築30年余が経過して老朽化が進んでいたため、同校内敷地への移転新築が決まった。建て替え計画では、部屋数や居室面積の設計案をめぐって学校側が納得できずに作業の中断を求めていた経緯があり、昨年5月に着工。ことし3月27日に完成した。

 新寄宿舎は、敷地面積1505平方㍍に建築面積346平方㍍の鉄筋コンクリート2階建て。部屋の規模は旧寄宿舎の1部屋あたり12平方㍍に対し、同寮は15・64平方㍍に拡大。全室に冷房も設置した。定員は1部屋2人の8部屋16人で3年生2人、2年生8人、1年生6人の満員でスタート。増改築可能な空間があり、最大20人が利用できるようになっている。

 寮費は旧寄宿舎時代の月額2万5000円から3万3000円に増額。維持管理費を受益者に求めるもので、同校は「需用費がどの程度になるか分からないため、1年目はこの金額で考えている。もし多くて余った場合は、年度末に返金する形で保護者に説明している」と話している。

 式で山城校長は「他人を思いやりながら、自分の価値と価値観を高める場として、住みよく安全で勉強ができ、夢と希望を語れる、規律ある寮となるよう目指していく」とあいさつ。1年で旧寄宿舎、2年は八商工寄宿舎で生活した寮長の伊波萌那さん(アグリフード科3年、17)=平久保出身=は「2階に電子レンジが設置されて便利になった。きれいになり、クーラーも整備されて快適。みんなの家のような感じで、過ごしやすい場所にしていきたい」と語った。

 設計監理と施工を担った6社には感謝状が贈られた。授与者は次の通り。

 ▽設計監理=㈱エー・アール・ジー、㈱央設計事務所、㈲アカナ設備設計▽施工会社=㈱信用組、㈱メンテック、㈲エコラインサービス

  • タグ: 八重山農林高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム