八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

天候と休日に恵まれ浜下り

浜下りを迎え、家族と親戚同士で潮干狩りを楽しむ子どもら=7日午後、名蔵湾

浜下りを迎え、家族と親戚同士で潮干狩りを楽しむ子どもら=7日午後、名蔵湾

波照間は真夏日
家族連れ、潮干狩り楽しむ

 旧暦3月3日に女性が海水で身を清めて健康を願う「浜下り」(サニズ)を迎えた7日、石垣市内の海岸には家族連れが潮干狩りに繰り出してにぎわった。

 ことしの浜下りは天候と休日に恵まれ、潮干狩りの人気スポットの名蔵湾では午後2時39分の干潮時刻に合わせて熊手とバケツを持った人々が海に向かった。

 家族と親戚で訪れた宿谷一心君(6)=平得=は、名蔵湾に生息するカニやハゼなどを観察しながら潮干狩りに汗を流し、「いろんな動物を見つけるのが楽しい」と笑顔を見せた。

 母親の真理子さん(34)は「普段は潮干狩りに出かけないが、きょうは浜下りだから家族で来た。日曜日に当たって良かった」と喜んだ。

 石垣島地方気象台によると、この日の八重山地方は高気圧に覆われて晴れ間が広がり、波照間島でことし最高の30・1度の真夏日を観測。市内の最高気温は伊原間で27・8度だった。

  • タグ: 浜下りサニズ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム