八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新しい元号「令和」は多くの国民に…

 新しい元号「令和」は多くの国民に好感をもたれているようだが、市民からは「命令のイメージ。上からの命令に従えば平和になるという感じを受けるのでイヤだ」(2日付9面)との感想も。陸上自衛隊配備計画を推し進める姿勢と重なるのだという▼万葉集にある「初春令月 気淑風和」を典拠としているが、漢字そのものは中国からの輸入品である。気になったので手元にある、漢字の形とその意味との関係を解説した「常用字解」(白川静著、平凡社)を引く▼「和」は、「禾」(か)と「口」を組み合わせたもので、禾は軍門を立てる標識の木の形、口は神への祈りの文である祝詞を入れる器の形。この器を置いた軍門の前で誓約して講話することを「和」と言い、「やわらぐ、やわらげる、なごむ、なごやか」の意味となる。和は最高の徳行を示す語とされる▼なるほど、それで、これまでの元号にも使われてきたわけだ▼「令」は象形文字で、深い儀礼用の帽子をかぶり、ひざまずいて神託を受ける人の形。従って「神のお告げ」、上位の人の「みことのり、いいつけ、いいつける」の意となる。神のお告げを受け、神の意に従うことから「よい、りっぱ」という意味となり、使役の意味にも用いられる▼元をたどれば、冒頭の感想にもうなずけるものがある。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム