八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

保護水面での採捕に注意 「浜下り」で呼び掛け

保護水面に注意を

保護水面に注意を

県水産海洋技術センター石垣支所

 旧暦3月3日(4月7日)の「浜下り」を前に、県水産海洋技術センター石垣支所(平手康市支所長)は、名蔵と川平の保護水面での水産動植物を採捕しないよう呼び掛けている。ことしは7日が日曜日に当たっていることから、潮干狩りを楽しむ市民が多くなると予想されるため、保護水面への立ち入りに注意する必要がありそうだ。

 名蔵ではすべての水産動植物、川平では魚類、タコ、イカ、アーサを除く水産動植物が周年禁漁となっている。

 この2カ所の保護水面は、水産生物の保護・育成を目的に県知事から指定を受けている。保護水面の境界線は標柱やブイで明示され、立て看板で保護の内容が説明されている。

 過去には保護水面内で県漁業調整規則に反してナマコやシャコガイが採られる事例が見られている。ナマコ類は砂の中の有機物を食べ、海をきれいにする役割があるが、昨今の乱獲で石垣島周辺にはほとんどいなくなっているという。

 同支所は「県外から移住者や観光客が増え、こうした地域のルールを知らずに違反に至ってしまう事例も見られていることから、一層の周知が必要となっている」としている。保護水面周辺での巡回活動を行い、注意を喚起することにしている。

  • タグ: 浜下り
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム