八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「時給1500円 破格の待遇も」。先日、…

 「時給1500円 破格の待遇も」。先日、県紙の見出しに出ていた今夏開業予定のサンエーとパルコが運営する県内最大級の商業施設に関係する求人の時給だ。ひと昔前の2倍近い。単純に一日8時間、月22日間働くと26万4000円。東京並みの破格の数字だ▼沖縄県は県民所得が全国最下位。それが一気に全国上位なみに時給が上昇したのは、好調な観光を背景とした好景気に伴う人手不足だ▼募集をかけても人が来ない。来ないから時給を上げる。その高い時給目当てに、他で働いていた人が転職する。すると、その場所で人手が不足する。また、人材確保のため時給を上げざるを得なくなる。どこまで続くか分からないスパイラルだ▼人手不足と賃金高騰は石垣市でも同じだ。八重山公共職業安定所がまとめた管内の1月の有効求人倍率は1・52倍と50カ月連続で1倍を超え、9カ月連続で前年を上回る「超売り手市場」だ▼1000円を超える時給も見られ、右肩上がりに上昇する気配だ。しかし、求人の実情は「募集しても人が来ない」というのが、各業界から聞こえてくる実態だ▼働き方改革で、働く環境の改善が求められる。働く上で求職者が重視するのは給与面かゆとりか。判断が分かれそう。ニーズに沿い企業にも対応が求められることに。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム