八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

管理業務全般を民間委託 県管理道路

1日から維持管理業務全般が民間に委託される県管理道路=3月30日午後、県道87号富野大川線

1日から維持管理業務全般が民間に委託される県管理道路=3月30日午後、県道87号富野大川線

総延長188㌔ 石垣島と竹富町管内

 県八重山土木事務所は4月から、石垣島と竹富町管内(西表島、小浜島、黒島)の県管理道路の維持管理業務全般を民間業者に包括的に委託する。総延長は約188㌔。県は道路パトロールや維持管理作業を行ってきた現業職員らの新規採用をすでに廃止、土木整備員の配置が3月末までとなっていたことから民間に委託する手法を検討してきた。

 同事務所によると、県管理道路は石垣島で国道約30㌔、県道のうち主要地方道約56㌔、一般県道約48㌔、西表・小浜・黒島はすべて一般県道で約54㌔。

 石垣島では㈱濵元建設興業、(有)大地造園、龍生造園、(有)先島メンテナンス、(有)昭電工業の共同企業に2年間委託。契約金額は2億390万円で週6日のパトロール、除草、剪定(せんてい)、路面清掃、側溝清掃、舗装補修、道路照明管理を行う。

 竹富町管内では(有)池村建設、㈱八電工、龍生造園の西表島道路共同企業体。2年間の委託費は7020万円。週1日のパトロール、除草、剪定、側溝清掃、道路照明管理を行う。黒島・小浜では側溝清掃と道路照明管理のみ。

 道路の維持管理をめぐっては、維持管理予算の不足、職員減少などの問題が顕在化しつつあったことから、県は持続可能な維持管理体制を構築するため、4月から包括的民間委託の手法を本格的に導入することになった。

 同事務所は「民間の活力とノウハウを生かし、これまで以上の管理ができることを期待する。適正な道路管理を行うことで安全で快適なゆとりある道路空間を維持し、八重山圏域の日常生活や経済活動などの円滑な交通を確保していきたい」としている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム