八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

エクスプローラードリーム初寄港

石垣に寄港していたスーパースターヴァーゴを一新して初寄港した「エクスプローラードリーム」=30日午前、石垣港新港地区旅客船ターミナル

石垣に寄港していたスーパースターヴァーゴを一新して初寄港した「エクスプローラードリーム」=30日午前、石垣港新港地区旅客船ターミナル

市の歓迎セレモニーで石垣市観光交流協会の親盛一功副会長(中央)から記念品を受けたクリスティアーヌ・アルバーズ船長(左から2人目)ら=同、船内

乗客2410人が来島
島の自然や食など楽しむ

 アジア初のプレミアム客船を展開しているドリームクルーズ社(本社・香港)のエクスプローラードリーム(船籍・バハマ、総㌧数7万5338㌧、全長268㍍)が30日午前、乗客2410人を乗せ、石垣島に初寄港した。

 ドリームクルーズは、自社グループのスタークルーズから移籍した「スーパースターヴァーゴ」を改名してエ号を就航。船内外も改装してブランド化を図っている。

 この日は台湾基隆と石垣を周遊するコースで、乗客は台湾人観光客が中心。乗客はバスやタクシーなどで市内の観光地を巡った。船は午後9時に出港した。

 石垣港新港地区旅客船ターミナルに停泊後、石垣市による歓迎セレモニーが船内で開かれ、市観光交流協会の親盛一功副会長とミス八重山星の砂の金城純海さんがクリスティアーヌ・アルバーズ船長に記念品を贈った。

 親盛副会長は「石垣のダイビングエリアは高い評価を受けており、島の自然や食、文化を楽しんでほしい」と歓迎。

 アルバーズ船長は「乗客のほとんどがリピーター。他船の往来が少なく、寄港しやすい港だ」と評価した。

  • タグ: エクスプローラードリーム
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム