八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

豚のもっちり感、見事に再現

 ▽…文化活動交流場「シマノバ」初のプロデュース作品として、島材ヤラブを使った豚の形の椅子「YARABOO」が誕生した。工芸・彫刻家の都築康孝氏とデザイナー・版画家の池城安武氏のコラボレーション作品。豚のもっちり感が見事に再現された造形、八重山の天気雨をデザインした石垣牛皮のクッション。富裕層の目に留まる一品となるか期待。

 ▽…春のあんしんネット・新学期一斉行動の一環で行われた街頭キャンペーン。春休みということもあり、実施したスーパーには中高生らの来店もあった。一人一人にパンフレットを配布して安全なスマホ利用を周知。沖縄総合通信事務所は、フィルタリングの推進やリテラシー向上に向け、講座を開催しており、多くの学校での受講も呼び掛けた。

 ▽…2018年度第2回石垣市立八重山博物館協議会では、新博物館構想の実現要請の話題がメーンとなった。財源の問題もあって、早期建設は難しいとみているが、暫定的な収蔵庫の整備については一刻も早くとの認識で一致した。民間倉庫に年間155万円を賃料として払っている。中期的にみても整備するほうがよい。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム