八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

3月定例最終本会議 市議会、特別委を設置

陸自配備賛否問う住民投票条例案審議へ

 3月定例石垣市議会(平良秀之議長)は18日の最終本会議で、平得大俣への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会(10人)を設置、配備計画の賛否を問う住民投票条例案を付託した。いずれも全会一致。特別委で長山家康氏が委員長に互選され、「さまざまな問題が出てくると思うが、公正公平に審議したい」と決意を述べた。

 長山氏は取材に対し、「早ければ今月中に第1回の審議を行いたい。6月定例会もあるので、できれば5月中には結論を出したい」と話した。

 条例案は、市住民投票を求める会が直接請求した「賛成」「反対」の2択のうち、「賛成」を「容認」に変更する内容。

 提案者の花谷史郎氏は本会議で「総務財政委員会で審議され、歩み寄りがない中で採決され、もう一歩審議を深めるべきだとの他の意見もあった。われわれも反省し、柔軟にたくさんの意見を取り入れるスタンスを示すため、容認という幅広い選択肢を設けた」と説明した。

 「容認」で積極的な賛意をくみ取れるかとの問いに花谷氏は「容認の中に含まれると個人的には思うが、この辺りを含めて審議できれば」と述べた。

 「建設されている中で市民の混乱が起きないか」との指摘には「1万4000人余りが署名するなど、市民がどう思っているのか知りたがっている人は多いと認識する。市民がどう思っているか明確になれば逆に混乱は解消される。着工したとしても、市民の意見を聞くことについては早い遅いはない。議会として聞くべきだと思う」と述べた。

 委員長以外の特別委のメンバーは次の通り。

 ▽副委員長=長浜信夫▽委員=砥板芳行、石垣亨、石川勇作、我喜屋隆次、東内原とも子、宮良操、花谷史郎、大濱明彦。

■副市長に川満誠一氏、教育長は石垣氏再任

 中山義隆石垣市長は18日、3月定例市議会最終本会議に、空席となっている副市長に県企画部長の川満誠一氏(58)=豊見城市=を選任する人事案を提出、全会一致の同意を得た。

 任期満了に伴う教育長には現職の石垣安志氏(64)=新川=を再任、教育委員に市立教育研究所長の南和秀氏(62)=大川=を新任する人事案も全会一致で同意された。3氏とも任期は4月1日から。

 川満氏は琉球大学卒。1995年4月に県採用。企画調整統括監などを経て17年4月から現職。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム