八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市議会一般質問 代替施設整備可能性を示唆

ゴルフ場 あかんまに整備提案 観光収入実態調査検討へ

 3月定例石垣市議会(平良秀之議長)の一般質問最終日は15日、石垣亨、砥板芳行、仲間均の3氏が登壇した。平得大俣への陸上自衛隊配備計画に伴って閉鎖された旧ジュマールゴルフガーデンのショートコースゴルフ場について中山義隆市長は「何らかの対応を考える必要があると思う」と述べ、場合によっては防衛予算での代替施設の整備を求める可能性を示唆した。

 質問した仲間氏は「ジュマールゴルフ場は駐屯地にとられ、真栄里のゴルフ場の料金が2倍になった。市民が不利益を被っている。防衛省と話し合いをしてショートコースを造るべきだ」と訴え、ショートコースをサッカーパークあかんまに、サッカー場を旧八重山病院跡地にそれぞれ整備するよう提案した。

 中山市長は「提案について可能かどうか。行政としてあかんまにゴルフ場を移して造ることが財政的に可能か検討したい」と答弁した。

 市が量より質への転換を打ち出している観光施策をめぐり、石垣氏は「観光従事者の生活が豊かにならないと誇りを感じない」として収入の調査を要求、大嵩久美子観光文化スポーツ局長は「新年度のアンケートで観光の強み、弱みを把握する。収入実態調査についても早い時期に取り組みたい」と述べた。

 公共下水道への接続率が低い美崎町について砥板氏は「美崎町ではほとんどが単独浄化槽。厨房(ちゅうぼう)から側溝に排水されており、これが悪臭の原因となっている。排水に対する市独自の条例制定に取り組んでほしい」と要望。安里行雄建設部長は「今後調査検討したい」と応じた。

 民間集合住宅の高い家賃と稼働率が福祉分野に与えている影響について宮良亜子福祉部長は「生活保護の住宅扶助については世帯人数で限度額が定められているが、現状としては限度額に見合った住居の確保に苦慮している」と現状を明らかにした。砥板氏への答弁。

■「少数の騒がしい勢力」 石垣亨氏が発言 

 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、与党の石垣亨氏は15日の市議会一般質問で、反対する住民を「少数の騒がしい勢力」と表現した。

 石垣氏は「力の均衡こそ平和をもたらす。弱い側が話し合いで解決しようと叫んでも聞き入れてもらえない。多くの人々が自衛隊に対し、理解し敬意を表しているのに、少数の騒がしいさまざまな勢力によって過大に報道されている現状を憂慮する」と発言した。

 住民投票についても「市長選、県議補選の結果はどうだったか。このように数々の選挙で結果は明らかだ」と述べ、選挙で民意は出たとの認識を示した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム