八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

人身事故が100件発生 18年八重山郡内

昨年4月に市内真栄里の交差点で発生した衝突事故=(資料写真)

昨年4月に市内真栄里の交差点で発生した衝突事故=(資料写真)

交差点が6割占める

 八重山警察署(島尻重美署長)がまとめた郡内の2018年の人身事故件数は前年を7件(7・5%)上回る100件で、負傷者は116人(前年比11人増)となった。人身事故は14年から減少傾向にあったが増加に転じた。交差点事故が全体の約6割を占め、昨年は幹線道路での無理な追い越しによる接触、追突なども多かった。同署交通課は「運転者が安全意識を高めることで未然防止できる事故が多くある」として、交差点での一時停止や安全確認の徹底、制限速度の順守などを呼び掛けている。

 利用者の多い自転車関連事故は20件(前年比1件増)と人身事故の20%を占め、県平均の6・4%を13・6ポイント上回っている。昨年2月にはユーグレナ石垣港離島ターミナル前の市道で、市内の40代男性が自転車で走行中に軽自動車と衝突し、頭蓋骨陥没骨折などの重傷を負う事故があった。

 観光客の増加に伴いレンタカー事故も増加。人身事故のうち第一当事者がレンタカーの事故の割合は16%(同5・2ポイント増)と、直近4年間で最も多かった。昨年8月には香港の30代観光客女性が運転するレンタカーが石垣市浄水場北の交差点で一時停止せず進入し、市内男性の運転する普通貨物車と衝突、レンタカーの同乗者含め8人が重軽傷を負う事故も発生している。 

 事故を時間帯で見ると、出勤の多い午前8時~10時、帰宅の多い午後4時~6時に多く発生しているため、同署は「ゆとりを持った行動を心がけ、急がず慌てず、譲り合いの心を持って運転を」と呼び掛ける。

 物件事故は、前年を83件(4・7%)上回る1853件と、右肩上がりに増えている。第一当事者は郡内在住者が約6割、観光客が約4割。駐車場での単独衝突事故が多い。同署は「地元の人は車両を前進で駐車する傾向があるが、後進で車を出すときに死角が多くなる」として、前進で車を出せるよう、後方からの駐車を推奨している。

  • タグ: 人身事故
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム