八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

人は学校時代から一般社会人に至るまで…

 人は学校時代から一般社会人に至るまで人生の中で数々の試験に臨む▼学校の授業の中、学期ごとのテスト、高校、大学受験、就職のための採用試験、資格取得に向けた技能試験、スポーツや習い事の昇級、昇段試験など数々の試験を受け、自分の学力、技能、評価を点数や合否という形で客観的に受けてきた▼去る6、7日に多くの生徒たちが初めて「高校受験」という人生の一つの節目の試験に臨み、13日午前、合格者が各校で発表された▼郡内では3高校、定時制、特別支援学校で441人が合格。会場に喜びがあふれた。この日のために人知れぬ努力を重ね、自分の力でつかんだ合格だ。おめでとう。残念ながら今回、合格できなかった生徒は2次募集に懸けてほしい▼「合格発表」は誰しもが緊張し、期待と不安が入り交じった複雑な心境で迎える。それだけに合格者が張り出され、自分の番号を見つけた時の感激は、忘れることはないだろう▼合格者たちは自身で志望校を決め、受験し、合格を勝ち取った。全員が4月から高校1年生として同じスタートラインに立つ。高校3年間をどう過ごすかはその人次第。勉学、部活。中学とは違う楽しみがある。入学まで3週間余。高校生活に自身の夢を描き、それを実現するための準備期間としたい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム