八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

防衛局 掘削を開始

転圧作業を行うショベル。沖縄防衛局は5日、造成にかかる掘削工事を開始した=5日午後、旧ジュマールゴルフガーデン入り口付近

転圧作業を行うショベル。沖縄防衛局は5日、造成にかかる掘削工事を開始した=5日午後、旧ジュマールゴルフガーデン入り口付近

石垣駐屯地 造成工事着手
県アセス適用外の見通し

 石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、旧ジュマールゴルフガーデンの建設予定地の一部で5日、ショベルを使って掘削・転圧する作業が確認された。沖縄防衛局は取材に「造成にかかる掘削工事について準備が整ったことから、本日開始した」と説明した。県の改正環境影響評価条例は経過措置として「3月31日以前に実施した事業」を対象外としており、この事業の実施について県環境政策課は「土地の造成、切り盛り、土地の形状変更」との解釈を示していることから、掘削工事の開始で駐屯地建設事業は条例の適用外になるとみられる。

 防衛局は2月28日に仮設安全柵の設置、3月1日の土のうの設置を開始しており、「防衛省としては県赤土流出防止条例の事業行為に基づく土のうの設置で工事に着手したものと考えている」としている。

 県環境政策課は取材に「今後、確認していくことになる」と話しており、掘削工事が事業の実施に当たるかどうか判断する考えだ。

 工事現場では、カンムリワシ数羽が確認されており、県は「カンムリワシなどの希少な野生動植物種の繁殖期間については騒音、振動が生じる工事を一時休止する措置を講じるなど十分に配慮」するよう要請、併せて防衛局が行っている現況調査に関する情報の提供・公表も求めている。

 防衛局は取材に対し「要請を踏まえつつ、希少種などを発見した場合は移動・移植を行うなど、適切に環境に配慮しながら工事を実施していく」との対応方針を示したが、工事の一時休止や現況調査に関する情報の提供・公表には言及しなかった。

 カンムリワシなど国指定天然記念物については市文化財課も「営巣中に近隣地での騒音、震動などがあると巣を放棄することがある」として近隣での開発工事を避ける必要があると指摘しているが、防衛局は「これまで営巣が確認されていないことから、工事の予定に変更はない」として作業を進めてきた。

 県改正環境影響評価条例は昨年10月1日の施行で、20㌶以上の土地の造成を伴う事業も対象に追加した。石垣島駐屯地建設に伴う用地造成面積は29㌶で、このうち進入路に当たる0・5㌶で掘削を開始した。

  • タグ: 陸上自衛隊配備計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム