八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

2月28日、旧ジュマールゴルフガーデンの

 2月28日、旧ジュマールゴルフガーデンの入り口に約4時間いた。鳥のさえずりのシャワー。あらためて於茂登連山の深い森に囲まれた自然豊かな土地であることを実感した▼カンムリワシの鳴き声も聞いた。これだけ長く耳を澄ますのは初めてである。はからずもカンムリワシ観察。まず現場真上の真栄里山の山頂付近で1羽、そして真栄里ダム方面に1羽、さらに平得大俣寄りに1羽を確認した。同じ個体か別の個体かは分からない▼いずれも上昇気流に乗って稜線(りょうせん)の上を舞う。写真に収めてもアリのよう。社から望遠レンズを取り寄せてチャンスをうかがった▼すると、立ち入り禁止区域内の電柱にどこからともなくカンムリワシが舞い降りてきた。約100㍍先。興奮した。ちょっと小さい。昨年生まれた若鳥か▼飛び立つ瞬間を狙ってレンズをのぞく。でも、なかなか動かない。日々の立ち寄り先の一つなのだろうか。じっと周囲を見ている。ふんもした。10分後、ようやく飛翔し、風をつかんで上昇した。現場上空を旋回しながら、やがて平得大俣方面に遠ざかっていった。自らの縄張りを誇示しているかのようだった▼カンムリワシには「雄姿」という言葉がぴったり。見ているだけで身が引き締まる。今後もまた来てくれるのだろうか。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム