八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

カンムリワシ数羽確認 陸自着工予定現場

作業現場上空を舞うカンムリワシ=2月28日午前11時ごろ

作業現場上空を舞うカンムリワシ=2月28日午前11時ごろ

専門家ら影響懸念
営巣期を直撃か

 「フィーフィー」。国指定特別天然記念物のカンムリワシの甲高い鳴き声が響き渡る。2月28日、陸自石垣島駐屯地建設に向け重機や資材が搬入された旧ジュマールゴルフガーデン入り口。「いた、いた。あそこ」。現場背後にある於茂登岳南の連山、真栄里山でカンムリワシが優雅に舞う。午前中だけで延べ4羽確認され、現場内の電柱にまで降りてくる若鳥も。風が草木を揺らし、小鳥がさえずる。そんな自然の大合唱を、ダンプカーの爆音が時折、かき消した。

 現場は午前8時すぎに雨に見舞われたが、その後晴れ間がのぞいた。「カンムリワシが出てきそうだな」。日ごろからカンムリワシを見ている嶺井善さん(53)=於茂登=の予言通り、しばらくすると、現場の前にある山頂付近に現れた。同じ個体かどうか判別できなかったが、その後も違う場所で2羽確認された。

 突然、現場内の電柱の上に1羽が舞い降りてきた。じっと周囲をうかがっている。車両の列をみて駆けつけた、近くで農業を営む男性が「僕の家で何をしているんだろうと見ているのかな」という。1羽はしばらくして飛び立ち、現場上空を旋回しながら遠ざかって行った。

 カンムリワシは環境省レッドリスト2019で、ヤンバルクイナなどとともに絶滅危惧IA類に分類されている鳥類。

 11月から春先にかけて営巣期を迎えるため、市文化財課は「営巣中に近隣地での騒音、震動などがあると巣を放棄することがある」として近隣での開発工事を避ける必要があると指摘しているが、防衛局は「これまで営巣が確認されていないことから、工事の予定に変更はない」として着工に向けた準備をこの日から本格化させた。

 2月27日の4地区住民との面談で防衛局は、冬の現況調査を2月20日から3日間実施、工事エリアで営巣は確認されなかったと説明。春の調査は3月に行うとした。

 嶺井善さんは「工事をする場所に営巣するわけがない。確認できないのは当たり前だ。巣は見えないところに作るもの。春の調査はこれからなのになぜ工事を進めるのか」と憤る。

 日本野鳥の会石垣島支部の小林孝事務局長は「この時期は、繁殖の相手を探している時期。相手が定まれば、そこで新たな生命が誕生する。当然、そこに巣が作られる、あるいは今はその巣作りの時期であって、巣が見つからなかったのは観察不足であるか、あるいはこれから営巣作業に入るのか、といったところだろう。環境アセスメントをする前に着工して人間の都合で彼らの〝生きる権利〟を奪ってしまっている現実に恐れを覚える」と話した。

  • タグ: カンムリワシ陸自石垣島駐屯地
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム