八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

施設設置の方針策定へ

児童発達支援センターと支援事業について

児童発達支援センターと支援事業について

児童発達支援センターで協議
障がい者自立支援協

 石垣市は26日、開いた市障がい者自立支援協議会こども部会の中で、国の方針に沿って2020年度末までに設置を目指す児童発達支援センターについて協議した。障がい児通所支援のため石垣市での設置方法、機能、実施形態が報告され、委員らがハード・ソフト面について意見を交わした。市は次年度、設置に向けた方針を策定していく。

 同センターは、障がいのある児童を通所させ日常生活における基本的動作の指導、自立活動に必要な知識や技能の習得、集団生活への適応のため訓練を行う施設。福祉サービスを行う「福祉型」と、福祉サービスに併せて治療を行う「医療型」があり、機能として児童発達、医療型児童発達支援、保育訪問、相談の各支援のほか放課後等デイサービスも行う。

 市は福祉型の設置を検討。対象者は未就学児で▽身体・知的・精神のいずれかに該当する障がい児(発達障がい含む)▽上肢、下肢または体幹機能に障害のある児童(医療型)▽児童相談所や医師等により療育の必要性が認められた児童(手帳の有無は問わない)—などの条件がある。

 部会の中で市は、市内にある児童通所支援事業所(5事業所)のうち1カ所をセンターに移行できないか提案。これを受け委員は、5事業所の定員がいっぱいで飽和状態にあるとして「センターを新しく設置しないと待機障がい児の解消にならない。また、センターを運営する上で人員はどう確保するのか」と指摘。別の委員は、小児特定慢性疾患の子が島外で治療を受けている現状に、「八重山は圏域でみて医療型が良いのでは。事業所単独で医療型運営は難しいと思うので、市が運営したほうがいい」と民間への移行に難色を示した。

 一方、設置期間が迫っているとして「市が率先して進める部分と(民間事業所も含めた)分担する分業型でないと、センターはいつまでたっても設置できないのではないか」とあらゆる可能性の模索を求める声も。

 事務局は、保護者や事業所の意見を反映できるよう、竹富町、与那国町も含めた圏域での設置や県内の法人にセンター運営を依頼するなど議論を重ねていく。

 部会ではこのほかに、医療ケア児のスクールバス利用について県の見解として、「胃瘻(ろう)から栄養を注入するなど医療ケアを必要としなければ利用できる」と紹介。たんの吸引などケースに応じて県と相談し対応をしていくことが報告された。

  • タグ: 児童発達支援
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム