八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

辺野古新基地建設に…

 辺野古新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票は、7割を超える圧倒的な数字で「反対」の意思を示した。自分のことは自分で決める。昨年夏の県知事選挙で玉城知事が獲得した過去最多得票をも軽々と超えた民意である▼沖縄の現実をあぶりだした。名護市と宜野湾市の反対多数は何を示すか。一方で全体の2割近くを占めた「賛成」も事実▼結果は日米両政府に通知される。民主主義の成熟具合が試されるのは両政府。沖縄の「ノー」に、今度こそ答えを出すべきは本土国民だろう▼一夜明けて全国紙は結果を伝えたが、民放テレビは無関心だ。報道による民意のすり替え、矮小化も要注意である。一部メディアは投票の前提を「普天間基地移設の賛否を問う県民投票」とねじ曲げた。政権と連携して、県民が普天間の危険性除去に反対したと主張しかねない▼そもそも、辺野古埋め立てが軟弱地盤によって長い年月と巨額の工事費をかけて完成したとしても、米軍が普天間飛行場を返す保証はどこにもない。あるのは県民が埋め立て「反対」を示した事実だけ▼国策と地方自治。そっくり石垣の陸自配備にあてはまる。市議会定例会が始まった。平得大俣に賛否いずれにしろ、意思表示したい。改めてそう強く実感した市民も多いのではないか。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム