八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

辺野古反対が7割超 43万人余が明確な意思 県民投票

県民投票の開票状況で、反対票が全有権者の4分の1に達するのが確実となり、気勢を上げる反対派=24日夜、那覇市

県民投票の開票状況で、反対票が全有権者の4分の1に達するのが確実となり、気勢を上げる反対派=24日夜、那覇市

県民投票開票結果

玉城知事、日米両政府に通知へ 投票率は52.48%

 【那覇】名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票は24日、投開票が行われ、埋め立てに「反対」は43万4273票、「賛成」は11万4933票、「どちらでもない」は5万2682票で埋め立てに反対が全体の72.15%を占める結果となった。県民が新基地建設について「反対」の意思を明確に示した。玉城デニー知事は結果に「究めて重要な意義がある。政府は沖縄県民の断固たる民意を真正面から受け止め、方針を直ちに見直し、工事の中止と普天間飛行場の一日も早い閉鎖・返還に向け、県との対話に応じるよう強く求めていく」と述べた。近く県民投票条例の規定通り、日米両政府に結果を通知する。結果に法的拘束力はないが、県民の意思に日米両政府がどう応えるかが注目される。

 投票率は県全体で52.48%で、もっとも多かった埋め立て「反対」は全投票資格者数115万3591人の4分の1を大幅に超える37.65%を占めた。普天間基地を抱える宜野湾市は投票率51.81%、「反対」2万6439票、「賛成」9643票、「どちらでもない」3500票。基地建設のための埋め立てが進む辺野古が所在する名護市は投票率50.48%で「反対」1万8077票、「賛成」4455票、「どちらでもない」2216票でいずれも埋め立て反対が賛成を圧倒した。

 八重山3市町の投票率は石垣市44.63%、竹富町59.02%、与那国町53.32%。埋め立て反対の得票率はそれぞれ71.6%、62.9%、52.7%となり3市町全てで4分の1を大幅に超えた。

 今回の県民投票は、昨年9月、「辺野古」県民投票の会(元山仁士郎代表)が約9万3000筆の署名を集め、県に直接請求を行った。県議会が同10月、条例案を可決したが、市議会で予算が否決された石垣市など5市長が選択肢などを理由に予算の原案執行を拒否。不参加を表明していた。

 その後、県議会が「賛成」「反対」の2択から「どちらでもない」を加えた3択に条例案を改正し、ことし1月の臨時会で可決。全41市町村での実施が実現した。

  • タグ: 県民投票
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム