八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

琉球大学 就業体験の成果発表

インターンシップ先の企業の課題、解決策を提示する学生ら=21日午前、大浜信泉記念館

インターンシップ先の企業の課題、解決策を提示する学生ら=21日午前、大浜信泉記念館

ウェルネス資源開発論 地元企業3社に学生ら

 琉球大学の公開講座「地方創生ウェルネス資源開発論」のインターンシップ(就業体験)プログラムが18日から石垣市内で始まり、地元企業3社で就業体験した学生が最終日の21日、大浜信泉記念館で成果を発表、現場で感じた課題と改善策を紹介した。成果は企業に還元される。

 石垣市、㈱ウェルネスメディカル研究所(安達宏代表取締役)、琉球大学の産官学の取り組み。農業生産法人ゆいまーる牧場、農業生産法人㈱まぁじゅん、㈱マーミヤの3社で琉球、立命館、関西学院の3大学の学生15人が3グループに分かれ、3泊4日の日程でインターンシップした。

 ゆいまーる牧場には「スローフード スローライフ 石垣牛」、まぁじゅんには「牛とまぁじゅん、ちゃーがんじゅう」、マーミヤには「うま~みやん」のキャッチフレーズを掲げ、2020年オリンピック選手村での石垣牛の提供、店外でも窓口販売、包装デザインとビールとの自販機販売をそれぞれ提案した。

 人手不足も課題として、「農学部や畜産系の学校に通う学生向けのインターンシップ」の導入を解決策の一つに挙げた。

 ウェルネスは、健康を身体の側面だけでなくより広義に総合的に捉えた概念。「身体の健康、精神の健康、環境の健康、社会的健康を基盤にして輝く人生、豊かな人生を志向している」という新しい定義もある。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム