八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

障がい者の力作ずらり 日用雑貨や島野菜販売

石垣島で初開催のナイスハートバザール。障がい者の手作り製品に人気が集まった=16日午前、マックスバリュやいま店駐車場

石垣島で初開催のナイスハートバザール。障がい者の手作り製品に人気が集まった=16日午前、マックスバリュやいま店駐車場

ナイスハートバザール

 障がい者が手作りで製造・加工した製品を即売する「りゅうぎんプレゼンツ第1回ナイスハートバザールin石垣島」(主催・沖縄県セルプセンター、特別協賛・㈱琉球銀行)が16日から2日間、マックスバリュやいま店駐車場で開催されている。市内の就労継続支援事業所12団体が出店。店頭には、事業所の利用者が丹精込めて作った日用雑貨や島野菜が並び、アロマトリートメントのブースも設けられ好評を博した。

 同バザールは障がい者の社会参加を支援し、自立促進を図るため1985年から沖縄本島を中心に展開され、石垣市では今回初めて開催された。事業所等の優れた製品を一堂に集め即売。県民への理解と製品の品質向上、販路拡大、利用者の工賃増が目的。

 イベント初日はあいにくの雨模様となったが、出店ブースには手作りのアンツクやアイロンビーズのコースター、いす、焼き物、事業所のオリジナルブランド雑貨のほか、手作り漬物、パン類、自家製卵、ミニトマト、ニンジンなどが来場者の人気を集めた。

 ミニトマトを購入した伊豆味喜春さん(32)は「とても甘くておいしい」と絶賛。牛乳パックで作られたかばんを手にした女性(42)は「ずっと欲しくて探していた。小物を入れるのにちょうどいい」とご満悦の様子。

 イベントに先立ち行われたオープニングセレモニーで、セルプセンターの金城幸範理事長は「訪れた方に喜ばれるよう皆で成功させよう。(イベントを通して)利用者の勤労意欲の向上につながってほしい」と主催者あいさつ。

 利用者を代表して川満暁さんは「石垣で開催されうれしい。自分たちの作った製品を市民に知ってもらい、一緒に楽しむイベントにしたい」と抱負を述べた。

 このほか、琉銀八重山支店、石垣市、イオン琉球の代表者があいさつ、琉球國祭り太鼓八重山支部の演舞が花を添えた。

 イベントには琉銀の行員もボランティアで参加。製品購入者を対象に抽選会も行われた。

  • タグ: ナイスハートバザール障がい者
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム