八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

グループホーム2戸確保 市営新川団地

建て替えが計画されている市営新川団地。新団地では障がい者のグループホーム機能が確保される=14日午後、同団地

建て替えが計画されている市営新川団地。新団地では障がい者のグループホーム機能が確保される=14日午後、同団地

障がい者の住環境整備について意見を交わす委員ら=同午前、市健康福祉センター視聴覚室

障がい者の住環境整備
小人数で生活可能

 石垣市は、障がい者の住環境整備として、建て替えを計画する市営新川団地に小人数で生活可能なグループホーム2戸を確保する。今後、運営する委託業者の公募を2020年度に行い、障害者・老人福祉施設で発生している入所待機の改善と、高まっている入所ニーズへの対応に乗り出す。新川団地の着工は20年1月、入居は21年度を予定している。石垣市健康福祉センター視聴覚室で14日開かれた「石垣市障がい者自立支援協議会住まい・地域移行支援部会」(橋本剛部会長)で報告された。

 市都市建設課によると、新築する市営新川団地に設けるグループホーム用の2戸は、それぞれ1階3LDK(67・66平方㍍)で車いす利用者の居住も想定した間取りで。全室バリアフリー対応。緊急時の避難口は、玄関に加え、バルコニーに設けるスロープの2カ所とする。

 新団地は9階建てで、旧団地の48戸から80戸に拡大。今年度は基本設計、実施設計を終え、来年1月の入札を経て着工するが、公共工事の相次ぐ入札不調で供用開始が遅れる可能性もある。

 建て替え工事と連動して市障がい福祉課はグループホームを運営する委託業者の公募を確認。団地入居者の家賃は公営住宅法に基づいて設定されるが、グループホームについては委託業者が設定することから、運用指針が求められそうだ。障がい者のグループホーム入居基準は1部屋4畳半以上で、最低定員は4人となっている。

 グループホーム運営について委員からは「入居者を見守る世話人を配置してほしい」「ケアハウスなどの目的を持たせてほしい」などの意見があった。

 一方、市内では、共同住宅の空室が少なく、障がい者の入居が難しい現状があることから、空き家の活用を求める声も。障がい福祉課の担当者は「市の空き家対策事業の活用も視野に、担当部局と調整したい」と前向きに検討する姿勢を示した。

  • タグ: 障がい者
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム