八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ロッテ打線爆発し大勝 アジア交流戦

野球ファンが大勢詰めかけたロッテーラミゴ交流戦=9日午後、市中央運動公園野球場

野球ファンが大勢詰めかけたロッテーラミゴ交流戦=9日午後、市中央運動公園野球場

千葉ロッテマリーンズの安田尚憲選手のホームランに歓声を上げる観客ら=9日午後、石垣市中央運動公園野球場

ラミゴに22ー0
野球ファンら3600人観戦

 石垣島で4年連続となる千葉ロッテマリーンズと台湾プロ球団のラミゴ・モンキーズとの「アジアゲートウェイ交流戦PowerSeries2019in石垣島」が9日午後、石垣市中央運動公園野球場で開催され、島内外から野球ファンら観客3600人(主催者発表)が詰め掛けた。

 試合は、安田尚憲や平沢大河ら6選手の本塁打6本などでロッテが22ー0で大勝した。

 試合開始前の始球式は、石垣ロッテファンクラブの1SHIGAKI26会員で少年アカハチの東盛天翔君(大浜小5年)と、ラミゴファンの陳冠華さんが行った。ミス八重山星の砂の仲道英理さんと南十字星の浦内栞さんが、ロッテの井上晴哉選手とラミゴの梁家榮選手に花束を贈呈した。

 交流戦最終日は10日、午後1時から同球場で試合開始。試合後は両球団選手によるサイン会が予定されている。

 

 ■選手の一投一打に歓声 華やかに応援合戦

 千葉ロッテマリーンズと台湾プロ球団のラミゴ・モンキーズの交流試合「アジアゲートウェイ交流戦Power Series2019in石垣島」では、石垣市民や島外から来たロッテファン、応援ツアーとして台湾から来島したラミゴファンなどが観客席に詰めかけ、選手の一投一打に歓声を上げた。

 会場の石垣市中央運動公園の駐車場は、試合開始前にすでに満車状態。場内では八重山そばやヤギ汁などの郷土料理や定番メニューを提供する出店が並び、観客は飲食物を手に観客席へ向かった。

 ロッテ応援席では、郡内の家族連れや島外から駆け付けたロッテファンが入り交じり、コールなどでロッテを応援。千葉県木更津市から来たロッテファンの堂端雅志さん(28)は最前列で母の鏡子さん(71)と試合を満喫。「ロッテを歓迎する旗や立て看板などがたくさんあって驚いた。地元民としてとてもうれしい」と石垣の歓迎ムードを喜んだ。

 ラミゴ側では応援ツアーの客78人や、ラミゴのチアガール「ラミガールズ」らが熱い掛け声とダンスで選手を応援した。初めてツアーに参加したという蔡佳宏さん(30)は「設備も気候も良く、キャンプ地にふさわしい」と話し、毎年東京から同交流試合の応援に来ている蔡彰霖(ツァイチャンリン)さん(37)は「石垣キャンプはグラウンドと観客席の距離が近いところがいい」と笑顔だった。

 八重山商工高校観光コースの2、3年生9人は通訳ボランティアとして活躍した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム