八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

岡部君(石垣第二2年)県知事賞に輝く

パネルに展示された研究ポスターと実験用ロケットの前で県知事賞を喜ぶ岡部壮良君=9日午前、「ANA ARENA 浦添」

パネルに展示された研究ポスターと実験用ロケットの前で県知事賞を喜ぶ岡部壮良君=9日午前、「ANA ARENA 浦添」

沖縄青少年科学作品展
ロケット研究を発表

 【浦添】「集まれ未来の科学者たち」をテーマに県内の小中高校、アメリカンスクールの子どもたちの研究成果を発表する第41回沖縄青少年科学作品展(沖縄電力主催)が9日、「ANA ARENA 浦添」で2日間の日程で始まり、物理、化学、生物、地学、産業の分野から108点の入賞作品が展示された。初日の表彰式では、石垣第二中学校の岡部壮良君(2年)が最高賞となる県知事賞に見事輝いたほか、佳作と入選に八重山からそれぞれ3作品が選ばれた。県知事賞の岡部君は、会場内特設舞台の巨大スクリーンを使って研究の成果を発表した。八重山からの県知事賞の受賞は今回で3年連続。

 岡部君の研究「モデルロケット打ち上げ実験 その2」は昨年、同作品展で佳作の継続研究。今年は「正しい重心位置と最適なフィンの形を見つけよう」というテーマを設け、高い飛行高度と安定した飛行姿勢のロケットの開発に取り組んだ。

 実験では50回以上ロケットを打ち上げた。性能が上がるにつれロケットの速度は時速140㌔以上に達し目視での計測が困難になり今回から三軸加速・気圧センサーを搭載。より正確なデータ収集に努め、ロケットの最適な重心やフィンの形状を突き止めた。

 今後は、機体の大型化を図り、模擬人工衛星の搭載を計画する。

 岡部君は「来年は集大成としてカメラや気圧計、温度計などを積んだ模擬衛星を打ち上げたい」と話した。

 県知事賞以外の入賞・入選者は次の通り。

 【佳作】

 ▽「石垣島の河川の水質とそこに生息する生物調査Since2014~河川環境の変化を分析し水環境の保全と活用を考える~」=野里実優、富川裕二朗、丸山葵(以上、崎枝中3年)、立津琉人、野里慎、國仲賢杜(以上、同2年)、富川翔三郎(同1年)、仲村速斗(石垣第二中3年)、大江みちる(同2年)

 ▽「石垣島のムカデミノウミウシの研究」=大濵珠希、大浜朋笑、仲田蒼史(以上、八重高1年)

 ▽「石垣島アンパルのキバウミニナの研究」=田渕鈴夏(八重高1年)

 【入選】

 ▽「水中における光発電の謎を追究する」=知花耕太郎、大前風土、宮城風花(以上八重高2年)

 ▽「フルスト原遺跡と明和の大津波の関係」=譜久村笑奈、竹本佳奈、吉田愛香(以上、八重高3年)

 ▽「津波石~大浜海岸の津波石分布調査~」=松川快斗、新盛之拡、山城良太(以上、八重高3年)

  • タグ: 沖縄青少年科学作品展
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム