八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

学びで人生を楽しく 市生涯学習フェスタ

第17回石垣市生涯学習フェスティバルで踊りを披露する石垣市老人クラブ連合会健康体操民踊クラブ=3日午前、石垣市民会館中ホール

第17回石垣市生涯学習フェスティバルで踊りを披露する石垣市老人クラブ連合会健康体操民踊クラブ=3日午前、石垣市民会館中ホール

第17回石垣市生涯学習フェスティバルで来場者らへプログラミングを教える八重山商工校「TECH!for ISHIGAKI」の生徒ら=3日午前、石垣市民会館中ホールロビー

第17回石垣市生涯学習フェスティバルの展示で各団体の活動記録や作品を観賞する来場者ら=3日午前、石垣市民会館中ホール

20団体が成果を披露

 「だれでも・どこでも・学び遊び~学びは人生を楽しくする~」をテーマに「第17回石垣市生涯学習フェスティバル」(市教育委員会主催)が3日、市民会館中ホールで開かれ、生涯学習に取り組む市内の20団体が舞台や展示、体験コーナーを通して、日ごろ楽しんでいる学習の成果を披露した。また、市自治公民館連絡協議会(砂川長紀会長)と石教委の昨年度社会教育学級合同閉級式も行われ、6団体176人が同学級を修了した。

 同フェスティバルは、生涯学習に取り組む市内の団体に成果発表の場を提供するとともに、生涯学習に対する市民の興味関心を呼び起こす狙いで開かれている。昨年度、社会教育学級を初利用し、離島小学校などでプログラミング教室を開いた八重山商工高校「TECH!for ISHIGAKI」の生徒らは、体験コーナーで、簡単な計算や音楽作製ができるプログラミングの作り方を来場者らに教えた。

 舞台の部では11団体が、フラダンスや社交ダンス、オカリナ演奏、詩吟、合唱などを披露。展示の部では12団体が、日ごろの活動を記録したパネルや作品などを並べ、それぞれの活動の醍醐味(だいごみ)を来場者へ伝えた。

 石教委の石垣安志教育長は「今後ともさまざまな学習に参加し自己研さんに励んでほしい」と激励した。

 公民館連絡協議会は昨年度初めて社会教育学級を主催し、宮良老人クラブ寿会(宮良實佳会長)の笑いヨガ教室や、認知症予防教室などの取り組みを支援。このほか、▽大川婦人会あやぱに▽登野城いやまし会▽じんぶんナイトカフェOKAWA▽八重山商工高校「TECH!for ISHIGAKI」▽石老ク健康体操民踊クラブ—の5団体が、石教委いきいき学び課の市社会教育学級支援制度を活用し、地域学習や健康づくりに励んだ。

  • タグ: 市生涯学習フェスタ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム