八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山、総合4位 沖縄一周市郡対抗駅伝

総合4位(2日間の合計タイム)でゴールする八重山郡チームアンカーの前本基希=3日午後、奥武山公園

総合4位(2日間の合計タイム)でゴールする八重山郡チームアンカーの前本基希=3日午後、奥武山公園

総合4位となった八重山郡チーム=3日午後、奥武山公園

男子4位、女子9位
島尻郡が優勝

 【那覇】県知事杯第42回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会(沖縄陸上連盟主催)は最終日の3日、国頭村役場から奥武山公園までの14区間126・6㌔で行われ、八重山郡は、7時間56分19秒の8位でゴール。初日から気温の高い中、少ない選手で厳しい戦いを強いられた八重山は2日間の合計タイム17時間19分46秒で総合4位、男子の部4位、女子の部9位となった。

 大会は、初日1位の島尻郡が7時間32分56秒でトップを守り切り、2日間の合計タイム16時間46分02秒で優勝を果たした。2位は国頭郡(16時間55分21秒)、3位は名護市(17時間09分20秒)だった。

 最終日は、国頭村役場を午前7時に一斉にスタートし、本島を西回りに奥武山公園へひた走る前半5区60・8㌔、後半9区65・8㌔で白熱したレースを展開した。

 八重山は前半、スタートの大越護が4位とまずまずの出だしとなったが19区で9位まで後退。その後、21区・下地将平で順位を7位まで上げるが勢いに乗れず10位で終えた。

 後半は、12位スタートと苦戦。その後、女子区間を含む25区から28区まで一つずつ順位を上げ8位につけるが、最後は7位でゴールした。

 八重山は、2日間合わせた合計タイムで総合4位と目標の総合3位には届かなかったが昨年より二つ順位を上げた。

 赤嶺丈監督は「昨日から気温も高く暑い中、よく走ってくれた」と選手をたたえるとともに、「昨日、2回走の選手は暑さでかなり疲れが残っていた。女子は目標としていた1桁台を達成できた。よく頑張ってくれた」と振り返った。来年に向けては「総合3位を目指す。大学生の強化などが課題だ」と気持ちを新たにした。

 最終日の成績は次の通り。

 ▽前半(5区間60・8㌔)=⑩八重山郡3時間37分57秒

 ▽後半(9区間65・8㌔)=⑦八重山郡4時間18分22秒

 ▽総合(14区間126・6㌔)=⑧八重山郡7時間56分19秒

 ▽18区(12・4㌔)=④大越護(40分34秒)▽19区(9・4㌔)=⑬仲嶺吉朗(35分31秒)▽20区(9・4㌔)=⑥東蔵盛幹斗(34分00秒)▽21区(12・7㌔)=⑦下地将平(44分58秒)▽22区(16・9㌔)=⑬小林洋(1時間2分54秒)▽23区(5・9㌔)=⑫井本留奈(25分35秒)▽24区(3・1㌔)=⑧三村芽生(12分32秒)▽25区(5・0㌔)=⑩橘芽生(22分41秒)▽26区(2・3㌔)=⑧岡田茉里那(9分00秒)▽27区(6・3㌔)=⑤平安名由莉(25分43秒)▽28区(10・1㌔)=⑤川満晃弘(37分52秒)▽29区(9・2㌔)=⑨長尾蓮(36分04秒)▽30区(12・5㌔)=⑩田原明宗(48分08秒)▽31区(11・4㌔)=⑤前本基希(40分47秒)

  • タグ: 駅伝
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム