八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

29日、第1回新春単位老人クラブカラオケ歌合戦…

 29日、第1回新春単位老人クラブカラオケ歌合戦会場の石垣市老人福祉センターに行くと、駐車場は車両でびっしり。ホールからも人があふれていた。こんな盛り上がりを正直予想していなかった▼趣味のクラブで余剰金が出たため、カラオケ合戦を企画したという。主催した石垣市老人クラブ連合会の大島正嗣会長も「こんなに多くの人が来るとは」とびっくり。うれしい誤算、棚ぼただった▼15単位クラブから計26人が出場。昔流行った曲、今も歌い継がれる名曲、民謡とさまざま。衣装にもこだわっていた。各クラブ代表とあって応援合戦も繰り広げられていた▼ほどほどに競い合うところがいいのだろう。応援のしがいもある。歌っている人も、聴いている人も、応援している人も生き生き▼お年寄りにとっての大きなイベントは趣味のクラブ発表会、老人大運動会がある。行くと分かるが、パワーに圧倒される。カラオケ合戦も同じだった。で、こんな提案はどうか▼竹富、与那国両町にも枠を広げ、まず各単位クラブあるいは各地区で予選会を開いて代表を決める。そして本選の「八重山老人クラブカラオケ歌合戦」。場所は市民会館大ホール。企業の協賛で豪華賞品をそろえる。子や孫、ひ孫も応援に訪れるだろう。楽しいことはいっぱいあるほうがいい。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム