八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県議会 3択改正案を可決

辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票の条例改正案を賛成多数で可決する県議会=29日午後、県議会本会議場

辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票の条例改正案を賛成多数で可決する県議会=29日午後、県議会本会議場

県民投票、全会一致ならず
自民会派一部に不満

 【那覇】辺野古米軍基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票(2月24日投開票)をめぐり、県議会(新里米吉議長)は29日の臨時会で、「賛成」「反対」に「どちらでもない」を加えて3択とする県民投票条例の改正案を賛成多数で可決した。自民会派の5人が反対、3人が退席した。不参加を表明している5市の中には全会一致を条件とする市長もいることから、県議会の賛成多数の可決がどう影響するか懸念される。

 県民投票は当初、「賛成」「反対」の2択で問うことになっていたが、5市の一部市長が選択肢を増やすよう求めたため、県議会は24日の各派代表者会議で「どちらでもない」を加えた3択で合意していた。

 自民会派は当初、「やむを得ない」「反対」「どちらとも言えない」の3択案を提示したが、他党の理解を得られず、最終的に照屋守之県連会長の裁量で歩み寄った経緯がある。

 しかし、会派内の一部がこれに納得せず、条例案を審議した米軍基地関係特別委員会では「普天間飛行場の危険性について明記されていない」「市町村への説明が不十分」などと不満が噴出。県民投票をめぐる玉城デニー知事の言動にも「中立性に反する」との批判が出た。

 本会議の採決では自民会派から新垣新、座波一、山川典二、又吉清義、座喜味一幸の5氏が反対、花城大輔、末松文信、仲田弘毅の3氏が退席した。座喜味氏は記者団に「県民投票は基地問題に関してはなじまない」と述べた。石垣市区選出の大浜一郎氏は欠席だった。

 全会一致を実施の条件としている市長がいることについて新里議長は「全会一致とならなかった残念な状況だが、自民党も多数の議員が賛成した。(5市には)実施してもらえると思う」と期待した。

 臨時会本会議は午前10時に開会、玉城デニー知事から改正案の上程を受け、軍特委に付託。同委で賛成多数で可決されたのを受け、午後5時前に本会議を再開し採決を行った。

 

 ■予定通り1日招集 中山市長、3択可決で

 辺野古米軍基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票(2月24日投開票)をめぐり、選択肢を「どちらでもない」を加えた3択とする条例改正案が県議会で可決されたことを受け、中山義隆石垣市長は29日夕、予定通り2月1日に臨時市議会を招集して投票関連予算案を上程する考えを示した。南ぬ島石垣空港で取材に応じた。

 中山市長は「私は全会一致を条件としていなかった。3択が可決されたので2月1日の市議会に諮る。状況が変わったので再度、予算案を提出して議会の判断を仰ぎたい」と述べた。

 3択の内容については「県議会が決めたことなので、これでよしとしたい」とした。

 市議会でも予算案が可決される見通しだが、県議会と同様、自民系与党から反対者、退席者が出る可能性がある。

  • タグ: 県民投票
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム