八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山との架け橋になって 高那さん、台湾で男児出産

長男の琉希ちゃんを出産した高那華海さん。付き添っているのは夫の葉権賜さん=2018年12月31日、台湾台中市西屯区の澄清総合医院中港分院付設産後護理之家

長男の琉希ちゃんを出産した高那華海さん。付き添っているのは夫の葉権賜さん=2018年12月31日、台湾台中市西屯区の澄清総合医院中港分院付設産後護理之家

面会に訪れた高那さん一家。左から航太郎さん、澄子さん、葉権賜さん、華海さん、正八さん=2019年1月19日、台湾台中市西屯区の澄清総合医院中港分院付設産後護理之家

「海上の宝」、琉希ちゃんと命名 17年、台湾人の夫と星空ウエディング挙式

 【台湾台中市】竹富島出身の高那華海(はなみ)さん(29)が昨年12月31日、第1子となる男の子を台中市内で出産した。「海上の宝」という意味もあるという「琉」の文字を使い、琉希(りゅうき)ちゃんと命名。「息子には希望と夢にあふれた人生を送ってほしい」と願う。19日には両親の正八さん(61)と澄子さん(54)=石垣市登野城=が面会し、澄子さんは「国籍とは関係なく、日本と台湾、八重山と台湾の懸け橋になって」と話した。

 華海さんと台湾人の夫、葉権賜(イエ・チュエン・ス)さん(32)は2017年8月に南の島の星空ウエディングで挙式したカップル。

 台湾では、女性の産後は、栄養のある食事を取りながら1カ月間休養する「坐月子(ズオ・ユエ・ズ)」という習慣がある。華海さんは台中市内の病院で出産した後、同病院付設のケアセンターに滞在して坐月子のサービスを受けており、「赤ちゃんの体調が悪くなった時には医師が来てくれるので安心」と話す。センターでは、三度の食事のほかに2度の間食と夕食後の夜食があるほか、ヨガや栄養管理など母親向けの講座も開かれている。

 華海さんは沖縄大学在学中の11年に交換留学で1年間、台中の東海大学で学んだ後、15年6月から台湾の企業に就職。葉さんとは17年7月に結婚し、台中市内で暮らす。弟の航太郎さん(19)も台湾滞在中で、彰化(チャン・フア)市の建国科技大学で学ぶ。

 澄子さんは「華海が台湾に留学した時は不安だった。昔は、外国へ行ってしまうと親の死に目に会えないと言われたが、今はそんなことはない」と、台湾の“近さ”を語る。

 正八さんは、日本統治期の台湾へ竹富島から多くの人が渡ったエピソードを引き合いに「台湾は縁のある地域。文化は違うが、テードゥン(竹富)の人、八重山の人はいい人と認められるように育ってほしい」と話していた。(松田良孝通信員)

  • タグ: 星空ウエディング挙式台湾出産
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム