八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

第17回石垣島マラソン大会 4247人が完走

午前9時の号砲とともに一斉にスタートするフルと24㌔のランナーら=27日午前9時ごろ、石垣市中央運動公園陸上競技場

午前9時の号砲とともに一斉にスタートするフルと24㌔のランナーら=27日午前9時ごろ、石垣市中央運動公園陸上競技場

石垣島マラソン初出場で初優勝のゴールを切る角田智史=27日、市中央運動公園陸上競技場

後半4人抜きの逆転劇で大会2度目のVを飾った能勢結希=27日、市中央運動公園陸上競技場

角田(那覇)が初優勝 能勢(神奈川)は2度目V

 第17回石垣島マラソン(石垣市、市教育委員会、市体育協会主催)は27日、市中央運動公園を発着点にフル、24㌔、10㌔の3コースで行われ、フル男子は角田智史(35)=那覇市=が初優勝、同女子は能勢結希(48)=神奈川県=が2回目の栄冠をつかんだ。大会には3コース合計で4399人が出場し、4247人が完走、完走率は97%だった。(10、11面に関連、4、5、6面に成績、3、12面に写真特集)

 フル男子は、序盤から4、5人でトップ集団を形成。20㌔すぎから角田と最終4位になった王滝将弘(28)=新栄町=の2人が抜け出したが、残り10㌔で角田が引き離し、最後は2位に5分近い大差をつけた。同女子は、前半5位だった能勢が後半30㌔付近で前方を走る4人をごぼう抜きし、逆転Vを飾った。

 1091人が出場した24㌔男子は小林洋(40)=竹富町=、同女子は平安名由莉(24)=登野城=、10㌔男子は佐藤駿(22)=三重県=、同女子は野口歩美(22)=那覇市=がそれぞれ優勝した。

 石垣島地方気象台によると、この日の天候は曇り。スタート時の午前9時の気温は16度、湿度63%、北北東の風4・7㍍とランナーにとっては走りやすいコンディションとなった。

 寒空の下、沿道やすれ違う車の中から人々が懸命にゴールを目指すランナーに声援を送り、エイドステーションではボランティアの給水が背中を押した。

 レース中に50代男性ランナーが倒れ心肺停止となったが、応急処置で意識が回復、市内の病院に搬送された。

 ゴール後は、参加者らに開放された市総合体育館で交流会も行われ、地元アーティストらによるステージや、石垣牛などが当たる抽選会で盛り上がった。

  • タグ: 石垣島マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム