八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「そもそも普天間飛行場の…

 「そもそも普天間飛行場の代替施設の移設については、移設地域のスタンスはどこも受け入れるところがなく、知事からの要請もあり、普天間の危険性を除去するためにやむを得ないとの総合判断のもと、苦渋の選択で容認した経緯がある」▼辺野古米軍基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票をめぐり、24日の県議会会派代表者会議で自民会派が「やむを得ない」にこだわった理由はそこにある▼1996年の日米のSACO(沖縄に関する特別行動委員会)合意は「沖縄県民の方々の御負担を可能な限り軽減し、国民全体で分かち合うべきである」との考えが原点だった▼自民会派が言うように、そもそも県外に受け入れるところがないので沖縄の自民は「苦渋の選択で容認した」のだ。いろいろ思惑があったとみられるが、三択から「やむを得ない」を取り下げることもまた「苦渋の選択」であったはずだ▼その意味で今回の自民会派の問いかけは、本質的な問題を突いている。県民投票の目的もまたそこにある▼普天間飛行場の代替施設が必要かどうか広く国民的議論を行い、日米安保を堅持する上で必要と言うなら本土で民主的に建設地を決めようと呼び掛けている「新しい提案」がある。県民投票がその第一歩になるのではないか。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム