八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

町のより良い未来へ 島々つなぎシンポジウム

テレビ電話会議で各島をつないだ竹富町海洋シンポジウム=20日午後、竹富町役場2階会議室

テレビ電話会議で各島をつないだ竹富町海洋シンポジウム=20日午後、竹富町役場2階会議室

竹富町制施行70周年記念

 竹富町制施行70周年記念事業「竹富町海洋シンポジウム 隔ての海を結びの海に~ゆんたく島つなぎ~」(主催・竹富町、協力・NTT西日本沖縄支店、学校法人角川ドワンゴ学園)が20日午後、開催された。町役場を主会場に、光回線を用いて各島の7会場を同時中継で結び基調講演、クイズ選手権などを実施。参加した延べ約300人の町民は、「海洋のまち竹富町」の課題と新たな発展について考え、My海洋行動宣言で第2次竹富町海洋基本計画の施策を推進させ、町がより良い未来を築いていくことを共有した。

 主催者を代表して西大舛髙旬町長は「本町においても観光、教育、医療、福祉、防災とあらゆる分野でICTによる利便性を享受できるようになった。島にいながらさまざまな教育を受けることができ、島にいるから健康に過ごせ、島にいて島の未来を考えることができる。つながる事による島の未来・可能性を島を越えて大いに語り合っていただきたい」と力を込めてあいさつ。琉球大学・大城肇学長、美ら島財団・花城良廣理事長、県町村会長・新垣邦男氏(北中城村長)もビデオメッセージやあいさつを行った。

 基調講演で琉球大学名誉教授で同基本計画策定委員長の土屋誠氏は、計画内容を説明。日本最南端の島嶼型海洋自治体として自然と文化の継承、海洋環境の保全、離島苦の克服、安心安全な地域社会の形成に向けた施策を解説した。

 その中で海洋保全に焦点をあて▽サンゴ礁生態系からの恵み▽乱獲によるウニなどの減少▽海水温上昇|などを紹介。土屋氏は「人間の活動がまずいと魚が少なくなり、海の美しさもなくなる。特に、化石燃料の使用量は大きな問題。少し頑張って暮らしを変え、化石燃料の使用を減らすことで自然へ恩返ししていこう」と呼び掛けた。

 このほか、内閣府総合海洋政策推進事務局・安達孝実参事官、同財団総合研究センター植物研究室・阿部篤志氏も登壇した。

 健康増進プログラムでは、各会場に集まった高齢者らがスクリーンの映像を手本にいきいき百歳体操を実践し、体を動かすことの楽しさを共感した。

 小中学生クイズ選手権や住民参加型のパネルディスカッションもあり、打ち上げ宴会で約7時間半の全プログラムが終了。シンポジウムの内容はインターネットで配信され、累計視聴者数は1万9000を超えた。

  • タグ: 竹富町制施行70周年記念竹富町海洋シンポジウム
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム