八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

何かと話題の山手線新駅、工事中の「高輪

 何かと話題の山手線新駅、工事中の「高輪ゲートウェイ駅」を見た。新橋駅の目と鼻の先。駅名を公募しながら首位の「高輪駅」を無視して130位を選びネット上で大炎上した。「横文字がカッコいいと思ってるのがダサい」など散々▼ゲートウェイは玄関口など「世界との懸け橋」の意。高輪にはかつて大木戸と呼ばれた関所があり、諸街道に通じる江戸の玄関だったという。今は羽田や成田空港に直結する新橋駅こそ「現代の大木戸」▼言葉に既視感があるはず。石垣市の「アジア・ゲートウェイ構想」である。たぶん、第1次安倍内閣の同名の構想に触発されたのだろう。それはいい▼国境圏域に位置し、諸国との懸け橋、友好交流の玄関口を名乗るのに石垣こそふさわしい。大木戸の管理者は当然市長である。だが現実は懸け橋にふさわしいか。何しろ「石垣の大木戸」は陸自配備容認という「衣の下のよろい」を隠そうとしない▼住民投票の行方はまだ分からない。仮に実施したとしても、よもや3月着工後と企図しているのではあるまいな。既成事実化を進め、投票の歴史的意義を骨抜きにするのではあるまいな▼クルーズ船寄港が2割減り、宮古シフトが進む。訪日外国人3000万人突破は、中国人が貢献している。それを敵視して「大木戸」たりえるか。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム