八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島マラソン 国内外から5014人エントリー

第17回石垣島マラソンの概要を発表する大会長の中山義隆市長(中)ら=16日午後、庁議室

第17回石垣島マラソンの概要を発表する大会長の中山義隆市長(中)ら=16日午後、庁議室

ふるさと納税返礼品で43人

 第17回石垣島マラソンの大会長を務める中山義隆市長は16日、大会概要を発表した。出場申込者数は、島根県を除く46都道府県など国内外から5014人。前回より10人減となったが、海外からの出場者156人が香港、台湾、マカオ、中国、米国、韓国と国際色豊かになっている。

 今回初めて取り入れたふるさと納税の返礼品(参加費免除)を利用した参加者は43人。北上市との友好都市提携5周年を記念して中山市長と高橋敏彦北上市長がフルとハーフのスターターを務める。

 大会は27日午前8時40分から開会式。同9時にフル・24㌔、同9時20分に10㌔がそれぞれスタートする。受け付けは26日午後2時から同6時まで。

 今回も年齢に合わせてマラソンを楽しんでもらおうと「オリジナルエイジラン表彰」を設けた。

 総合体育館メインアリーナで行われる交流会では、全完走者を対象にした抽選会もある。石垣牛ステーキセットなどの景品が予定されている。

 中山市長は庁議室で会見し、「初ランは石垣島からとPRしていきたい」と語った。

  • タグ: 石垣島マラソン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム