八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工生が就業体験

本をシュリンクする業務に当たる玉津礁君(左)と金城りささん=16日、ブックスきょうはんやいま店

本をシュリンクする業務に当たる玉津礁君(左)と金城りささん=16日、ブックスきょうはんやいま店

1年生66人が市内25事業所

 八重山商工高校(新城英人校長)の情報技術科と機械電気科の1年生66人が16日から3日間、石垣市内25事業所でインターンシップ(就業体験)に取り組み、社会に必要な事を学んでいる。

 このうち、ブックスきょうはんやいま店(国仲直美店長)では、情報技術科の玉津礁君、金城りささんの二人が就業体験を行っており、漫画や小説などの本をシュリンクという機械に通してビニールで包装する作業や本にかかったほこりを払うなどの業務を行っている。

 実際に本屋の業務を体験した玉津君は、「(3日間で)仕事の流れなどを学んでいきたい」、金城さんは「学校の図書委員なので本をどんな風に並べたら生徒たちが読むのかを学びたい」とそれぞれ話した。

 指導に当たった国仲店長は「この3日間で仕事の難しさなどを学んでほしい」などと話した。

 (八重山商工高校実習生・東江悠斗、多良間隆紀)

  • タグ: 八重山商工高校インターンシップ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム