八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

黒島で過去最高172万円台 19年子牛初セリ

県内8市町で最初のセリとなった黒島家畜市場。127頭が取引され、平均価格は74万円台の高値となった=13日午前

県内8市町で最初のセリとなった黒島家畜市場。127頭が取引され、平均価格は74万円台の高値となった=13日午前

式典の後、セリをスタートさせる八重山家畜市場。初日は262頭が取引され、73万円台の平均価格となった=13日午後

八重山も大台118万円余
平均価格前年並み 幸先の良いスタート

 JAおきなわの黒島家畜市場、八重山家畜市場で13日、相次いで2019年の子牛初セリが行われ、黒島で17年の140万2920円を大きく上回る過去最高の172万5840円の値がついた。八重山も118万4760円と大台に。平均価格はそれぞれ74万台、73万円台とほぼ前年並みとなり、幸先の良いスタートを切った。

 県内8市場の先陣を切って黒島では午前10時すぎ、八重山では午後2時すぎからセリが行われた。生産農家や関係者が見守り、高値がつくと拍手や歓声がわき起こった。

 黒島では127頭が取引され、総売り上げは9500万3280円、平均価格は74万9057円。八重山ではそれぞれ262頭、1億9243万3320円、73万4478円となった。購買者はそれぞれ26人、42人。八重山では14日も行われる。

 初セリを終え、黒島肉用牛生産組合(47人)の那根真組合長(49)は「農家の喜んでいる顔が見られて良かった。昨年のセリ値は若干落ちたが、良い牛と悪い牛の値段がはっきり差が出るようになっている。系統と体重のバランスのとれた牛に良い値がつく。みんなで良い牛をつくってきたい」と決意を新たにした。

 過去最高額を更新した下地太さん(44)は「ご祝儀相場もあったと思うが、予想以上の高値に驚いている。今後も毎日こまめに病気をしていないか、落ち着いてエサを食べているか、ちゃんと休んでいるかなどチェックして飼養管理を徹底させたい。みんなで一丸となってセリを盛り上げていきたい」と語った。

 両市場ではセリ開始前に式典があり、JAおきなわの大城勉代表理事理事長は購買者に感謝するとともに、「今後も購買者が求める和牛の素牛の一大産地を確立するため、優良繁殖牛の確保に向けて取り組み、肉用牛振興と農家所得向上を図りたい」とあいさつした。

 黒島家畜市場では西大舛髙旬竹富町長、八重山市場では八重山市町会会長の中山義隆市長が祝辞を述べた。関係者で酒と塩で市場を清めた後、セリを開始した。(額は税込み)

  • タグ: 子牛初セリ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム