八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

厳かに種子取祭

厳かに種子取節を奉納する婦人会=13日午前、大阿母御嶽前

厳かに種子取節を奉納する婦人会=13日午前、大阿母御嶽前

平得公民館、五穀豊穣を祈願

 平得公民館(田盛芳明館長)の種子取祭が13日午前、真栄里の多田御嶽と平得の大阿母御嶽で行われた。多くの地域住民が参加し、ことしの五穀豊穣(ほうじょう)と地域住民の無病息災・繁栄を祈願した。平得の種子取祭は、八重山の初代大阿母・多田屋遠那理の故事と結びついた行事として毎年、両御嶽を中心に行っている。

 午前8時、神司や公民館役員らが五穀の種子伝来の地と言われている多田御嶽で神事を行った後、大阿母御獄に移動。ススキをあしらった山頭を先頭に神司らが「平得弥勒節」に合わせて列をなし、五穀を奉納した。

 老人会の「木遣り~ヨイシンヨイシン~」、婦人会の「種子取節」、平真小マーチングバンドレインボーが演奏、各班の舞踊も奉納され、観客を楽しませた。

 締めくくりは、かつて平得の馬車道で行われていた競馬にちなみ、種子取馬とも呼ばれる伝統の「カタバル馬」。8頭が見事なたづなさばきで大阿母御嶽前を数回往復し、盛大な拍手を受けた。

 田盛会長はあいさつで「ことしの世果報の祈願と地域の住民の無病息災の神事が厳粛に執り行われることを衷心よりお礼申し上げる」と述べた。

  • タグ: 平得公民館種子取祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム