八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

有効求人倍率1.67倍 八重山郡内

11月単月で過去最高を記録

 八重山公共職業安定所(寺島浩代所長)は10日、八重山郡内の11月の雇用動向を発表した。有効求人倍率は前年同月を0.27ポイント上回る1.67倍となり、11月単月で過去最高を記録した。有効求人倍率が前年を上回るのは7カ月連続、1倍超えは48カ月連続。

 11月の月間有効求人数は前年比159人(13.4%)増の1346人。月間有効求職者数は38人(4.5%)減の808人。

 新規求人数は8カ月連続で増え続け、11月は前年から73人(18.1%)増えて477人。このうち、卸売り・小売業が54人(116%)増の79人、医療・福祉が31人(36.5%)増の116人と続いた。

 一方、宿泊・飲食サービス業は9、10月に求人数が大幅に伸びた反動で41人(25.5%)減の120人、生活関連サービス・娯楽業は11人(45.8%)減の13人となった。

 正社員の求人数は前年から2人(1.8%)増の112人だが、新規求人に占める割合は3.7ポイント減の23.5%に落ち込み、目標とする3割に届かなかった。

 年々、緩やかに減少している新規求職者の申込件数(常用)は、61件(27.2%)減の163件。

 寺島所長は「管内の雇用情勢は堅調に推移しているが、宿泊・飲食サービス業で人手不足は根強い。求人は増え続けて求職者の選択肢が拡大するのは良い傾向だが、求職者は確実に減少している」と振り返った。

  • タグ: 雇用動向有効求人倍率
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム