八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

黒島の景観損ねる放置車

道路横の草むらに放置された軽自動車=2018年12月23日、黒島

道路横の草むらに放置された軽自動車=2018年12月23日、黒島

公民館長「持ち主は処分を」

 【黒島】旧正月の大綱引きや牛まつりを控える黒島で、廃車・バイクの放置を懸念する声が上がっている。壊れて動かなくなった車は所有者自身の土地や、集落内、牧場、海岸付近で放置が目立つ。こうした現状に、黒島公民館の又吉英伸館長は「廃棄車両は正規の手続きを踏み、持ち主が責任をもって処分してもらいたい。島の景観が心配だ」と訴えている。

 又吉館長は、昨年末に島内7カ所で車やバイク20台が放置されているのを確認。牧場の奥まった場所や道路横の草むら、海岸付近では漁船も放置されている。観光客から人気を集める黒島の景観を損ねることに又吉館長は「過去には、島から約200台の廃車を石垣へ輸送したこともあるそうだ。数はそこまで多くないが、見えない場所に廃車が残っているかもしれない」と不安を抱く。また、「上空から島を見ると牧草が青々と生えきれいだが、地上から島の中に入ると放置車両が目立ち残念」と表情を曇らせ、所有者が責任を持って車を処理するよう求めている。

 自家用車の廃車は自動車リサイクル法に基づき登録を抹消、認定を受けた解体業者で解体する必要がある。竹富町は解体に向け、離島から石垣への海上輸送費の8割を補助している。

 石垣市内の業者による処理費用の平均は、ガソリンやディーゼル車で1台当たり平均5000~5500円、電気自動車やハイブリッド車は1万円。

  • タグ: 黒島放置車
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム