八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

子牛売り上げ総額61億5604万円

初セリで70万円の平均価格をつけた八重山家畜市場の子牛セリ。年間では68万円台となった=2018年1月13日午後、八重山家畜市場

初セリで70万円の平均価格をつけた八重山家畜市場の子牛セリ。年間では68万円台となった=2018年1月13日午後、八重山家畜市場

2018年月別子牛平均価格

八重山市場 平均68万円台
前年割れも高値推移

 JAおきなわが運営する八重山、黒島両家畜市場で2018年中に取り引きされた子牛の平均価格はそれぞれ68万6365円、67万8939円になったことが速報の集計で分かった。前年の71万9908円、70万4593円から落ち込んだものの、全国的な素牛不足を背景に60万円台後半の高値となった。両市場の売り上げ総額は61億5604万円だった。ことしのセリは13日に始まる。購買関係者は「ことしも前年並みで推移していくのではないか」とみている。

 八重山家畜セリ市場では8151頭が取引され、売上総額は55億9455万円。前年は8113頭、58億4061万円で、頭数が伸びた。平均価格は1、8、12の3カ月で70万円台、残りは60万台で推移した。

 奇数月にセリが行われる黒島では827頭が取り引きされ、総額は5億6148万円。前年は755頭、5億3196万円で、黒島でも頭数が増えた。平均セリ値は1月に70万円でスタートしたが、2月以降は60万円台となった。

 多量購買者の㈲水迫畜産(鹿児島県指宿市)の水迫政治代表取締は「子牛の相場は枝肉の値段に比例する。全国的に素牛の数は横ばいとなっている。相場は分からないところもあるが、ことしも前年並みに推移するのではないか」との見方を示し、「石垣では生産者が多いからか良い牛とそうでない牛の差がある。黒島では若い人が良い母牛を導入していい子牛が出てきている。良い母牛を導入して良い子牛を出してほしい」と期待する。

 石垣島和牛改良組合の佐久川直組合長は「前年よりは下がったが、年間を通して一定程度のセリ値は出たと思う。飼育管理や種優牛の選択などみんなで足並みをそろえ、平均して良い子牛を出荷できるようにしたい」と話している。

  • タグ: 子牛セリ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム