八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

年末年始は雨続きで出無精になった方も…

 年末年始は雨続きで出無精になった方も多いのではないか。筆者もそう。飲み食いばかり。おなかの出具合が少々気になるうっとうしい日が続いていたが、4日は雨が上がって久しぶりに晴れ間がのぞいた。天が新成人の門出を祝福しているかのようだった▼筆者が20歳になった28年前の1991年当時、石垣市の成人式は「成人の日」の15日に行われていた。あいにく大学の試験とかち合って出席できなかったため、同級生と共有する思い出がない。今も悔しい▼竹富町、与那国町の地域では早くから正月帰省に合わせて実施されており、石垣市でも2001年から三が日明けの4日に定例化された。経済的負担が軽減され、参加しやすくなった▼島にいても離れていても生まれ育ったところに愛着を持ち、家族や親類縁者、地域住民に感謝しながら夢を語る。そんな新成人の抱負を見聞きすると頼もしく思う▼大人として一つ自覚してほしいのは、年をとればとるほど時間の経過が早く感じるようになること。これを「ジャネーの法則」と言うそうだ。例えば50歳の人間にとっての1年の長さは人生の50分の1、5歳にとっては5分の1に相当するという▼時間は誰にとっても平等で、何かしてもしなくても確実に過ぎる。ぜひ充実した生活を。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム