八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

おいしく年越し 新年を 市内の商店やスーパー

お正月に向けて品物を選ぶ地元客=30日午後、石垣市登野城の知念商会

お正月に向けて品物を選ぶ地元客=30日午後、石垣市登野城の知念商会

買い物客で混み合う

 年末商戦も大詰めを迎え、切り餅やしめ縄など正月用品が並ぶ石垣市内の大型スーパーや商店では、多くの家族連れが買い物に訪れ、年越し料理やおせちの材料、掃除道具などをせわしなく買い込んでいる。

 このうち、登野城の㈲知念商会(知念功代表取締役)は30日午前も買い物客で混み合った。例年クリスマスを境に、帰省する家族や親族をもてなすための食料を買い込む人や、大掃除のお供、総菜をまとめて買う地元客が増えるという。

 ここ数年は年末を石垣島で過ごす観光客が、テレビや雑誌で目にした同店自慢の「オニササ」を買いに来ることも増えた。ことしは利用客から問い合わせがあったことから、正月用品コーナーを11月半ばに前倒しで設置。客足のピークも早めに過ぎたという。

 夫の公友さん(56)、孫の豊見本れあちゃん(5)と来た野底早百合さん(56)=平得=は、石垣島特産品の「砂糖ピーナツ」を手に取り「この時期だけ店頭に並ぶこのお菓子を買うのが毎年の楽しみ」とほほ笑み「大掃除も終わり、盛り花や甘納豆などを買いに来た。あとはお正月を迎えるだけ。平和な新年になってほしい」と晴れやかな顔を見せた。

  • タグ: 年末商戦
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム