八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

クルーズ船寄港が大幅減 石垣港

スーパースターアクエリアスの寄港で終了したことしのクルーズ観光。寄港回数は前年を25回下回る107回にとどまった=10月18日午後、クルーズ船専用岸壁

スーパースターアクエリアスの寄港で終了したことしのクルーズ観光。寄港回数は前年を25回下回る107回にとどまった=10月18日午後、クルーズ船専用岸壁

前年比25回減の107回
官民挙げた満足度向上を

 石垣に寄港したことしのクルーズ船は、昨年の132回(35万3597人)を大幅に下回る107回となり、来島者数は29万人前後にとどまる見込みだ。年内のクルーズ船寄港は26日の「スーパースターアクエリアス」で終えたが、暫定供用を開始した南ぬ浜町(石垣港新港地区)のクルーズ船専用岸壁の延伸工事が進むなか、官民挙げたハード・ソフト面の充実による満足度の向上が求められそうだ。

 石垣市港湾課によると、寄港回数107回のうち、寄港数が多かったのは、スーパースターアクエリアス(総㌧数5万1309㌧)40回、スーパースターヴァーゴ(同7万5338㌧)17回、マジェスティック・プリンセス(同14万3700㌧)12回、サン・プリンセス(同7万7441㌧)11回と続いた。

 2隻の船が同時に寄港する「ダブル寄港」は8回あった。

 市によると、八重山の入域観光客数を下支えするクルーズ船に対して来年は、新たな船会社の参入で寄港需要の増加を見込んでいる。

 さらには、国内最南端の拠点港として、20万㌧級のクルーズ船が接岸可能な延伸工事、稼働式エプロンルーフなどの付帯施設の整備が進んでいる。

 クルーズ観光について市観光文化スポーツ局の大嵩久美子局長は「ことしは悪天候による外的要因などで寄港が減ったが、施設整備のハード面に加えて、民間事業所がさらにクルーズ客を受け入れるソフト面の強化が必要」と振り返る。

 市港湾課によると、11月末時点での寄港回数は104回、来島者数は28万6495人で前年を大きく下回っているが、来年は158回の寄港が計画されている。大嵩局長は「受け入れ態勢を民間と行政双方で協力してさらに高めたい」と展望した。

  • タグ: クルーズ船
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム