八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

まるで統一した意見書面が配られているのかと…

 まるで統一した意見書面が配られているのかと勘繰りたくなる▼名護市辺野古の新基地建設の埋め立てについて賛否を問う県民投票の実施をめぐり、県民投票に関連する予算案を否決した石垣市や宮古島市、宜野湾市などの市議会での与党側の言い分だ▼「県民投票の結果は普天間基地の固定化につながる」と、どれも判で押したような意見の展開だった。予算を執行せず県民投票に不参加を表明した宮古島市長と宜野湾市長も「議会の議決を尊重する」「普天間の固定化は避ける」「5億5000万円の県費のむだ遣い」と答弁。こちらも同一の答弁書ではないかと疑念が生じた▼予算案否決、県民投票不参加という自公系の自治体については当初から予想されていたことだ。だがここまであからさまに出てくるのか。賛否はいろいろあっていい。その賛否は県条例で定められた県民投票で自らの立場を鮮明にすればいいだけのことだ▼普天間の固定化と口をそろえる県民投票反対派は、辺野古新基地建設のことは触れない。宮古島市と宜野湾市では市民らが投票権利を奪われたとして提訴に動きだした▼中山義隆市長も同様のマニュアルを持っているのか。県民投票も、疑惑が浮上した自衛隊基地配備の住民投票案件も、数の力で押し切るつもりなのだろうか。(金城正洋)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム