八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

住民投票条例案 石垣市議会最終本会議

平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案など議案2件の追加議案について説明する中山義隆市長=25日午前、本会議場

平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案など議案2件の追加議案について説明する中山義隆市長=25日午前、本会議場

総務財政委に付託
閉会中に審議行う

 12月定例石垣市議会(平良秀之議長)は25日の最終本会議で、中山義隆市長が直接請求を受けて追加した平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票条例案と、投票経費を盛り込んだ補正予算案第6号の2件を総務財政委員会(砥板芳行委員長、8人)に付託した。同委は閉会中に審議を行う。結論が出れば本会議で採決を行うことになるが、現段階で日程的な見通しは立っていない。

 議案の提出に当たり、中山市長は「前提となる石垣島への配備計画の賛否については問われてないが、請求に必要な署名数776筆を大きく上まわる1万4263筆の署名をもってなされたことから、平得大俣への配備計画の賛否についての意思を明確にしたいという住民の思いを受け条例案を付議する」と述べ、請求の趣旨を尊重する考えを明らかにした。

 一方、趣旨を逸脱しない範囲で字句を修正した箇所を意見として提出した。

 砥板委員長によると、地方自治法に基づき請求者の意見を聴取した後、審議を開始する。中山市長が前提と指摘する石垣島への配備のほか、与党から意見が出ている投票率の設定などが議論の対象になる見通しという。

 砥板委員長は取材に「委員の年末年始の予定もあるので第1回は来年1月10日以降になるだろう。委員会に付託されたのでずるずると引っ張るわけにはいかない。それなりの審査過程を経ないと結論は出せないだろう」と話した。

  • タグ: 石垣市議会住民投票
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム