八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

もういくつねるとお正月である。わらべ歌にみるように…

 もういくつねるとお正月である。わらべ歌にみるように、ことしもあと幾日と指を折って数えられるほどになってしまった▼毎年のことながら年の瀬に思いがよぎるのは、ことしがどのような1年であったのかという総括である。国内政治の世界にうごめいたのは、何が何でも金や権力で解決しようとする風潮ではなかったか。その結果がどうなるかを考えると背筋が寒くなる思いである▼この国の風はいったいどこに向かっているのだろう。「安倍1強」のおごりはさまざまな場面で権力の暴走となって表れてはいないか。辺野古の新基地建設、石垣島への陸自配備のいずれにおいても、県民に届く言葉が発せられたとは言い難い▼民意を無視した権力の暴走の行き着く先には、何があるのか。国の意向に背く者は許さない。国におびえ、国民総受忍が顕著になると、赤信号も戦争もみんなで渡れば怖くないとの危険な発想に結びつきはしないか。いつまた、さあみんなで進もうとの声が社会に渦巻くかもしれない▼権力者は保身と権力強化のために往々にして極端に走ると人間の歴史は教える。権力の暴走に歯止めをかけ、決して戦前回帰を許してはならない▼国の平穏は誰しもの願い。平成の終幕、新時代が乱世への突入にならないように新年を悔いのない亥(い)年にしよう。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム