八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

100年拝殿をコンセプトに

 ▽…真乙姥嶽の拝殿が53年ぶりに新築され、四ケ字と双葉の旗頭がそろって盛大に落慶した。100年拝殿をコンセプトに完成した新拝殿は、神が地域と民を見守り抱きかかえるイメージを具現化。境内のどこからでも拝殿の中心が見えるように設計されている。広々とした境内は招待席が旧拝殿より増やされ、ゆとりある空間を創出。今後、100年はこの光景に巡り合うことは恐らくないだろう。

 ▽…平成最後のクリスマスを迎え、郡内もクリスマスムード一色。街のケーキ屋さんも一年で最も忙しい時期を迎えている。ケーキの予約は約2週間前から始まる。大きいサイズのケーキは離島からの注文が多いそうだ。島の子どもたちがクリスマスを楽しむ様子がうかがえる。きっとちゃんとサンタクロースが運んでくれる。あなたのもとにもメリークリスマス。

 ▽…合同会社白保企画の琉球芸能鑑賞会が開かれ、49人の子どもたちが琉球芸能の実演家らと舞台に立った。子どもたちにとって貴重な機会であるだけでなく、厳しい稽古を乗り越えた彼らの歌と踊り、実演家らのパワフルで洗練された芸は見応え十分で、主催者の横目博二代表の言葉を借りるならまさに「ぬちぐすい舞台」。あっぱれ白保企画。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム