八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

外来種防除など追加

世界自然遺産登録再推薦に向け開かれた第2回奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産候補地地域連絡会議=21日午後、那覇市の沖縄産業支援振興センター

世界自然遺産登録再推薦に向け開かれた第2回奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産候補地地域連絡会議=21日午後、那覇市の沖縄産業支援振興センター

自然遺産再推薦向け管理計画
地域連絡会議で承認

 【那覇】世界自然遺産登録再推薦に向けた第2回奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島世界自然遺産候補地地域連絡会議が21日、那覇市の沖縄産業支援センターで開かれ、国際自然保護連合(IUCN)の勧告に基づき修正された包括管理計画を全会一致で承認した。

 来年2月1日には世界遺産推薦書を再提出し、同年夏ごろにIUCNによる現地視察を経たのち、最も早くて2020年の夏ごろに登録の可否が決定する見込み。会議には国や県、候補地の12市町村など関係者が参加した。

 管理計画では、外来種対策として侵入状況の監視や防除、沖縄本島の北部訓練場の自然環境保全に関する米軍との取り組みが追加された。

 行動計画はそれぞれ四つの地域で決められ、西表島では「西表島全体の持続的観光マスタープラン(基本計画)」(仮称)の策定により、観光客の総量規制や入域料の導入による持続可能な観光の実現が求められるほか、フィールドの適切な利用をコントロールする「西表島エコツーリズムガイドライン」(仮称)も策定する。

 推薦地については、飛び地で間に集落や農地などが入り土地利用上接続できない部分などを除外した。

 会議に出席した西大舛髙旬竹富町長は「残念なことにヤマネコの事故が9件も発生し、危惧している。住民の皆さん、観光客の皆さんの理解を得ながら登録に向けた取り組みを推進していきたい」と述べた。

  • タグ: 世界自然遺産連絡協議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム