八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

集出荷場、西表東部に建設 竹富町議会一般質問

祖納上村、年度内に調査

 12月定例竹富町議会(新田長男議長)一般質問最終日は13日、那根操、上盛政秀、仲里俊一の3氏が登壇した。町は、西表島東部に農産物集出荷場建設を計画し、2020年度着工を目指す考えを示した。マンゴーやパイナップル、米などを取り扱う予定。国が管理している同島祖納の上村について町は、地域住民の利活用に向け今年度、測量設計などを行い、今後、調査を重ね、土地の借用や買い取りを国に要請する方針。

 集出荷場は当初、西表西部でパイン・マンゴー専用施設として建設を計画していた。小濱啓由産業振興課長は「西部の農家たちと協議を進めた結果、(西部では)自分たちの資本で建てることになり、東部に計画を持ってきた」と説明。仲里氏は規模や水稲の乾燥機導入について質問。小濵課長は「西部の集出荷場は1000平方㍍を予定していたが、東部で米やカボチャの分を考慮すると一回り大きくなる。詳細は地元の推進チームの中で検討していく。乾燥機は収穫面積を算定して石垣島のJAライスセンターを参考に導入を進めたい」と答えた。

 祖納地域の上村は、2008年に祖納公民館が国有地7㌶の払い下げを求め町などに要請。町は沖縄総合事務局などと協議を進め住民説明会も開催している。那根氏は祖納地域活性化に向けた上村の利活用をただし、通事太一郎政策推進課長は「土地の購入、借地は上村に上る道路の設計、施工に入った段階で話が進むものだと思う」と述べた。

 上盛氏はスク遺跡の整備活用計画をただし、新盛勝一教育社会文化課長は「竹富町文化財審議委員会の調査で、重要性を認識している。現地調査を考えている」と前向きな姿勢を示した。上盛氏は「史跡は整備しないと見ることができない。島の歴史を知ってもらうために公園化してはどうか」と提言した。

 

 【12月竹富町議会一般質問要旨】

 ▶伝統芸能保存継承

 那根操氏=国の重要無形民俗文化財指定後の補助や支援。今後、指定を受ける予定の地域はあるか。

 新盛勝一教育社会文化課長=民俗文化財等活用事業で該当すれば工具の新調や修繕は可能。ただ、採択まで時間がかかる。文化財指定に値するのは波照間島のムシャーマ。

 ▶白浜地区の安心安全

 那根氏=自動体外式除細動器(AED)の設置。

 東金嶺肇防災危機管理課長=12月議会の補正で設置予算を計上している。可決後、早急に白浜港ターミナル内に設置したい。

 ▶文化財(史跡)の整備活用

 上盛政秀氏=海垣の観光資源活用について。

 通事太一郎政策推進課長=観光振興計画の中で文化財等の活用が含まれる。地元の同意が必要。学校教育や観光資源として活用が見込まれる。資源としては海とのつながりを表す有効なもの。その可能性を検証しなければならない。

 ▶上盛氏=井(カー)の調査や整地。

 佐加伊勲水道課長=災害時に備え、井戸水を利用できるか飲料水として使えるか調査を検討したい。

 小濵啓由産業振興課長=湧き水の水質調査のため基盤整備できないか、メニューを探して関係課と協議したい。

 ▶地域特産品の奨励

 上盛氏=伝統工芸品について。 

 小濵課長=織物の従事者を定着させるため、案を竹富町織物協同組合に持ち掛けている。まとまれば、持続的に発展できる産業の実現に向け話ができる。

 上盛氏=クモー豆のハウス栽培。

 小濵課長=クジャクの被害を避けるため、地元が組織体制を構築できれば、JAにノウハウがないか確認したい。

 ▶道路整備

 仲里俊一氏=鳩間集落内の道路整備。

 大盛總まちづくり課長=地域の意向を確認して、鳩間10号、5号、7号線も含め補助事業で整備できるよう取り組む。最終処分場入り口付近は、町道でないので担当課と協議したいが、手続きや費用算定などで整備は早くても3、4年かかるとみている。

 仲里氏=住吉地区の道路。

 大盛課長=住吉町道1号線の舗道は次年度、当初予算に組み入れ起債事業で行いたい。

 仲里氏=住吉町道カーブの排水整備。

 大盛課長=排水施設機能を早急に調査したい。

 ▶住吉高架タンクの解体

 仲里氏=解体時期はいつごろか。

 佐加伊課長=老朽化が進んでいるので次年度、入札方式で早急に対応したい。

 ▶上原デンサー広場整備

 仲里氏=具体的にいつ整備か。

 新盛教育文化課長=一括交付金の整備で、新年度に採択されれば平成32年度に着工したい。舞台などは現在より若干広くなる予定。

 ▶東部地域のカボチャ生産

 仲里氏=土壌改良整備。

 小濵課長=本年度、改良した圃場が好評を得ている。来年の収穫結果を見て、次年度も改良できるよう検討したい。

 仲里氏=農業の後継者育成。

 小濵課長=資機材提供や研修を行い、農地の借貸をうまくマッチングさせたい。

 ▶白浜団地の跡地利用

 仲里氏=今後の計画。

 大盛課長=現在4号棟を造っており、次年度にもう1棟造る。平成32年度に旧団地の解体予定。

  • タグ: 竹富町議会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム