八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

磯辺に子どもの居場所 ホッと!ステーション

「いそべ子どもホッと!ステーション」の開所式に出席した関係者ら=11日午後、磯辺団地自治集会場

「いそべ子どもホッと!ステーション」の開所式に出席した関係者ら=11日午後、磯辺団地自治集会場

市内4カ所目
学習支援など重点に

 放課後から家庭へのつなぎの場として、子どもたちが安心・安全に過ごせる子どもの居場所「いそべ子どもホッと!ステーション」(長浜末子施設管理責任者)が磯辺団地自治集会場に開設され、11日午後、同集会場で開所式が開かれた。大川、登野城、真喜良に続いて市内4カ所目。いそべでは、主に家庭学習の定着化を図る学習支援と、遊びを通した心身の健康向上を図る支援を行うとともに、地域住民との交流の場として開かれた「地域の子育て支援」の拠点を目指す。

 市によると、2017年12月に行った「子どもの居場所ニーズ調査」で大浜地区は、登野城と新川に次いで3番目に設置ニーズが高く、学びの支援を求める回答が6割を占めたことを受け、いそべでは、主に3年生までの小学校低学年や一人親世帯の児童などを対象に、家庭学習と遊びの支援を中心に行う。

 磯辺団地自治会前会長で現役員の桃原伸也さん(38)によると、同団地には現在72世帯が住み、子どもは約60人いるという。

 16年7月に開設した大川の同ステーションを運営する㈱ゆにばいしがき(津嘉山航代表取締役)が、いそべの運営も担う。

 開所式で津嘉山代表取締役は「子どもがしっかりと生活リズムを整えて学び、家族と向き合う環境になれば。団地の皆さんや周辺の子どもたちも一緒になって、支えていきたい」と意欲。桃原さんは「未来の子どもたちのために何ができるのかがモットーで、開所を迎えられたことをうれしく思う。一緒に連携しながら、子どもたちのために一生懸命頑張っていきたい」と話した。

 中山義隆市長は「子どもたちにとって健やかに生きる力を育む居場所として、さらに地域を挙げた取り組みとして発展することを祈念したい」とあいさつした。

 いそべとまきらは来年度から、補助金を活用して運営の一部に地域住民を加え、子育て支援に重きを置く地域主体の居場所も目指していく。

 開館日は月曜日と水曜日の午後2~6時。長期休暇も同様。祝日や年末年始などは休館。申し込みは随時受け付けており、定員30人に達し次第終了する。市こども家庭課によると、11日時点で4人が申し込んでいる。利用料は無料。利用期間は来年3月31日まで。問い合わせは同課(87ー0771)。

  • タグ: ホッと!ステーション
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム